いろいろバランス

「つくる」と「つかう」の時間はイコールになりにくい。
つくるのは時間がかかるけど、なくなる時はすぐだ。

おいしい料理を作るのには時間がかかるけど、食べるときはペロッとすぐに食べてしまう。手間のかかったモノだって、対価を払えばすぐに手に入れられる。もちろん、そういうシステムはとっても便利だし、ありがたいものだ。

ワークライフバランスという言葉があります。世の中のすべての「つくる」は誰かの「つかう」のためにある。 世の中にはつくるだけの人も、つかうだけの人もいません。
「つくる」も「つかう」も、その両方はどちらもほんとは、嬉しいことなんだと思うのです。美味しい料理を作るのも、食べるのもうれしい。それがまぜこぜになったのが、ライフになっている。

「つくる」も「つかう」もうれしい。それってつまり、うれしさの多様性について考えてみよう。ということなんじゃないかな、と思います。そして、そのまぜこぜのうれしさ。それがライフになるんだよ、ということなんじゃないかな。




    コメントを残す

    以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

    WordPress.com ロゴ

    WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    Twitter 画像

    Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    Facebook の写真

    Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    Google+ フォト

    Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    %s と連携中



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。